アドベンチャー キッズ 英会話 英語 キャンプ

アドベンチャーコミュニケーション
これまでにない画期的な英語教育プログラム!
教室を飛び出して自然の中で学ぼう!アドベンチャーコミュニケーションでは、ハイキング、アウトリガー・カヌー、サーフィン、宝探し、オリエンテーリング、雪遊び、キャンプなどの多様なカリキュラムで、自然と触れ合いながら英語を学んでいくという、これまでにない画期的な英語教育を行っています。
4月 スプリング イースター フェスティバル
オーシャンコミュニケーションは
アドベンチャーコミュニケーションのコンセプト

アドベンチャーコミュニケーションは、ハイキング、アウトリガー・カヌー、宝探し、オリエンテーリング(地図と磁石で目的地を目指す競技)、雪遊び等の活動を数日間のキャンプ生活を通じて全て英語で行うという、これまでにない画期的な英語教育プログラムです。このプログラムは、主に小学生を対象としたものですが、家族全員で参加いただけるようなプログラムも構想しています。

8月 サマースクール
オーシャンコミュニケーションのチームは
このプログラムは

挑戦的で刺激的な環境(普段の教室を離れた非日常的な自然環境)において、英語を学び、試し、コミュニケーションする機会を子供たちに提供します。 また、子供たちが自然に触れることにより、自然環境を守ることの大切さを学ぶ、素晴らしい機会でもあります。

10月 ハロウィーン パーティー
オーシャンコミュニケーションの一番の目的は
本プログラムのコンセプトは

湘南・片瀬江の島にある英語教室「オーシャンコミュニケーション」代表のスティーブ・マリオットが発案しました。同校はこれまで、夏休み期間中に生徒たちを対象に自然体験型のプログラムを開催しています。また、江の島水族館とも協同し、いくつかのプログラムを実施しました。周囲からの要望の高まりを受けて同校は、子供たちがアドベンチャー体験を通じて発見し、学び、挑戦し、コミュニケーションの大切さを学ぶことのできるプログラムを開始いたしました。

12月 クリスマス パーティー
オーシャンコミュニケーションの一番の目的は
安全は

私たちの最重要課題です。私たちのスタッフは、子供たちの安全を守るために充分にトレーニングされています。水辺でのプログラムにおいては、常に経験豊富なライフガードが帯同いたします。

先生紹介

先生紹介

スティーブ先生
(本名:スティーブ・マリオット)

スティーブ先生は、イギリス生まれの42歳。日本人の妻と結婚し、10年間、湘南エリアに住んでいます。また、2人の娘を愛するパパでもあります。

スティーブ先生は日本に住む前、世界中をサーフィンしながら旅をしてきました。 旅をしながら、インドやアフリカの子供たちにコミュニケーション・スキルを教え、その後、2年間、オーストラリアで日本人に英語を教えました。そこで彼はTEFL(Teaching English as Foreign Language-外国語としての英語教授法)をはじめ、英語教師として様々な資格を取得しました。スティーブ先生は、サーフィンを一番の趣味とし、また、湘南アウトリガー・カヌー・クラブのメンバーとして、日本全国で開催される大会に代表選手として出場するなど、非常にアクティブな先生です。 


「私が9年以上、日本の子供たちに英語を教えてきた中で、子供たちは、閉じられた教室の中にいる時よりも、外にいる時の方が積極的に自信を持ってコミュニケートできることに気付きました。もちろん、教室での学習は大切ですが、同様に、外で実際に言語を使うことも大切なのです。 」

スティーブ先生
スティーブ先生